ヴォイストレーニングとはどんなことなのかをまずは解説します

ヴォイストレーニングとは、よく耳にする言葉ですが、具体的にはどんなものなのでしょうか。主に声を使って話したり、歌ったりすることを職業にされている方がそれぞれの目的によって、発声の技術を向上させたり、問題がある場合には改善するために行う訓練のことを指します。簡単に言ってしまえば、発声練習なのですが、自分に適した発声法を探りながら魅力的な声を出すための訓練です。声を使う職業には様々なものがあります。歌手や声優、俳優、司会者、アナウンサーなどが代表的なところですが、実際にその仕事をしている方や、将来目指している方などが行っている訓練です。また、特に現在そういった仕事に就いている訳ではなくても、同じくらいの技術を身に付けたいという方のなかにもヴォイストレーニングを受けている方はいらっしゃいます。

身近になりつつあるヴォイストレーニング

最近では、社会生活を送るうえで、声や話し方に自信がないという方も積極的にヴォイストレーニングを受け、日常生活で堂々と話すことができる様になることを目的として訓練する方も増えています。声そのものをコミュニケーションツールとして捉え、いかに人を惹きつけ人に自分の思いや考えを適切に伝えることができるかが重要視される時代だからです。発声を良くしようとしても自己流ではなかなかうまくいかない場合や、限界があるという場合も多いので、教室に通ってレッスンを受けるなどするのが一般的です。ヴォイストレーニングでは、発声に関することを全般的に訓練します。発声そのものに問題がある場合は喉や舌の使い方を改善したりもします。また、腹式呼吸で正しい発声をすることが大事なので、その面での訓練も行います。

ヴォイストレーニングでめざすもの

話すためのヴォイストレーニングの場合は、発声も大事ですが、話し方も重要になってきます。歌うことが目的の場合は、より声の響かせ方が重要になってきます。歌うことを目的としたヴォイストレーニングの手法には流派があり、何が正解というよりも、自分に合った方法を見つけることが大事です。いずれにせよ、ヴォイストレーニングは自分自身が思った通りの声を出せる様になることが目標であり、その声で話すにせよ、歌うにせよ、人に伝えることができることが重要なのです。目的意識を持って、目標を明確にすることでヴォイストレーニングを続けるモチベーションも高まります。声にあまり意識が向かない人にとっては、重要視されることの少ないヴォイストレーニングだからこそ、続ける為にはこういった意識の高さが必要になってくるのです。だからこそ、声の持つ可能性に着目できるということは大きな利点になり得るのです。