プリンターを購入したらインクも購入しなければなりませんが、さまざまな種類のものが販売されているため、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。プリンターのインクと一口に言っても、種類が色々あり、それぞれ特徴もあります。まずは、純正インクですが、これはプリンターのメーカーが出しているインクで、安心感はありますが、価格が高いデメリットがあります。続いて、詰め替えインクは、空になった純正インクに自分でインクを充填するタイプのものですが、詰め替え作業があります。互換インクは、インクカートリッジが独自に開発されたものですが、対応機種でないと使えないデメリットがあります。リサイクルインクは、純正インクを回収した後にインクを充填したものですが、対応機種でないと使えません。

最近話題の互換プリンターインクの特徴

互換インクとは、プリンターメーカーの純正のインクカートリッジに対して互換性のあるインクのことです。それぞれのメーカーのプリンターに対応して使うことができます。メーカーは純正ではないため、価格が安いのが魅力の1つです。ただし、メーカー保証はありませんので、注意が必要です。互換インクの仕組みは、純正品と同じく、インクタンクの中に水溶性のインクが充填されています。外観やデザインは異なりますが、中の構造は純正インクとほぼ同じ作りになっています。純正インクと一緒に使うことも可能です。使う時は、空気穴に貼ってあるテープをはがして爪がカチッと鳴るまでカートリッジを差し込んで使います。インクの使用期限は、メーカー側で取り付けてから半年と定めています。インクが少なくなると、残量が減ったことを警告し、印刷ができなくなる機能があります。

コストの安い詰め替えプリンターインクとは

プリンターメーカーの純正インクや互換性インクカートリッジにインクを詰め替えて使えるインクのことです。インクを補充して使えるので、価格が安いのがメリットです。ただし、メーカーによっては詰め替えできる回数が決まっているものがあります。カートリッジの中にあるインクのスポンジが劣化するため、詰め替えが可能な回数は4回か5回までというカートリッジもあります。しかし、それでも新品のカートリッジを購入するよりも繰り返し使える分だけ費用を安くできます。ICチップには残量検知機能があり、カートリッジのインクが少なくなったことをプリンターが記憶します。リセッターでこの記憶を解除すると、インクを詰め替えたカートリッジは新品と認識されます。メーカーによってリセッターが必要な時と必要でない時があります。

安くて豊富な種類のプリンターインクカートリッジや、高品質低価格のトナー・リサイクルトナーをお探しなら! 数量限定送料無料大特価1000円の、選べる互換インク福袋販売中!数が限られてますのでお早めに! 書類や封筒などのビジネス用途にピッタリ、EPSON互換インク「顔料タイプ」セール中!滲みにくく色褪せにくい、オフィスにぴったりのインクです プリンターインクカートリッジが激安価格の「こまもの本舗」