自宅のプリンターのインク、なくなってしまうと非常に不便です。以前は感熱紙の使用ができましたが、今ではなかなかないので、どうしてもインクを購入する必要があります。そんな時に便利なのが、ネットでの購入です。これは現在非常に多くのサイトがあります。家電量販店、メーカーの公式ホームページ、インク専門の取り扱い業者等があり、早いところだと、当日配送してくれるところもあります。まずは自分の持っているプリンターのメーカー、機種、インクの品番を調べます。タイプがいろいろあるので、きちんと調べることがポイントです。そのインクの品番で検索をかけると、取扱いしている店舗が山のように出てきます。ポイント加算や送料無料等のサービスを行っている業者も多いので、条件を絞って検索するのがおススメです。

プリンターのインクを購入する時に気を付けたいポイント

ネットや店頭でプリンターのインクを検索すると、値段があまりにも違うものが出てきます。これは何かというと、リサイクルインクや互換性インクと言われるものです。純正のカートリッジにインクを詰めたもので、カートリッジの回収の手間がない分、安価に提供ができています。純正インクと互換性インクではメリットやデメリットが異なりますが、使用用途によって使い分けてみることをおススメします。基本的に純正インクで印刷した物の方が、長期間の保存には向いています。写真や年賀状など、劣化を防いで保存したい物は純正インクでの印刷が良いです。またちょっとしたプリントの印刷等が多い場合は、高い純正インクではなくても大丈夫です。きちんと検査をクリアした物なので、特に心配はなく利用することができます。

プリンターのインク交換の時に起こりがちなトラブル

プリンターのインク交換って意外と面倒です。取扱説明書の通りに行ってもエラーが出たりすることがあります。交換時に起こりやすいトラブルで一番多いのはインク漏れです。純正のカートリッジではほとんど報告されることはないですが、非純正のカートリッジでは報告が多くあります。また認識しない、エラーが出て使用できない、インクが混ざったといったトラブルもあります。電源を落として再起動する等、メーカーのサイトではトラブルに対応する方法をいくつか掲載していますが、これはあくまで純正のカートリッジを使用している場合です。補償期間であったとしても、非純正のカートリッジを使用している場合は対象になりませんので、注意が必要です。使用用途や保存の期間でも選択は可能ですが、トラブル回避も選択肢の1つになります。