家庭で気軽にプリントできるインクジェットプリンター、非常に便利で購入する場合も価格が安価になり身近なものになりました。その一方で気になるのがインクのコストです。フルカラーのインクジェットプリンターであれば4色から6色必要になりますが、どのメーカーのインクジェットプリンターでも一色でもインクが無くなれば印刷できないと言った悩みもつきものになります。また純正品はインク品質や製造コストから比較的割高についてしまうものです。そのような悩みの場合に活躍するのが格安のインクになります。カートリッジ式の物から詰め替え用まで種類も豊富で様々なルートからの取得が可能となっています。量販店での販売はもちろんですが、インターネットでも販売され様々な情報も飛び交っています。その中から必要な情報の精査が必要になります。

インクの選び方と交換方法がわかる

インクジェットプリンターで気になるのがインク交換の方法になります。自宅で気軽に印刷を楽しめますので便利で手軽、高機能なインクジェットプリンターですが、消耗品であるインクには限りがあり、使用していればいつか必ずインク交換の時期はやってきます。そのインク交換ですが、失敗してしまうとインクの充填が正常に行われず、プリンタが使用できない状態が続くこともあり、方法を間違えると故障の原因となる可能性もあります。メーカーが複数ある中で機種も数多く存在し、インク選びの際には迷われる事も多々あると思います。また、種類も豊富で純正インク、リサイクルインク、詰め替えインク、互換インクなど様々なものが存在します。失敗しない方法の大前提として、使用機種の品番や型番を正確に把握しておく事です。メーカーのホームページや店頭などには機種名が分かれば対応するインクの型番が分かるようになっているからです。

プリンターインクを交換する際の失敗談

使用しているインクジェットプリンターの型番が分かれば対応するインクの絞り込みを簡易になります。しかしそれでも失敗するケースはあり、調査したところ次のようなものがありました。1.店舗にインクを購入に行き、機種名で検索し該当純正インクを購入、いざ自宅に帰りインク交換を行おうとしたところ購入した色を間違え再度店頭へ行く羽目になった。2.詰め替えインクの6色パックを購入し、自宅でインクの詰め替え作業を実施、作業を誤りインクまみれに、その後充填したインクを使用したがこれも作業を誤りインクカートリッジの認識はしたものの該当色の発色不良となってしまった。3.色の出が悪くインクが悪いと思いインクを購入、交換してみたが発色は良くならず、結局インクヘッドの不良となった。交換したインクは中身が残っていたようだがチップの交換情報により使用不可になった。他にも様々な失敗談があるようで注意が必要になります。