現在では、パソコンの普及とともにプリンターも多く広がっています。写真屋やプリント会社などを利用せずに、個人での印刷として、年賀状を作っていたり、写真を印刷したりする人も多くなってきています。プリンターは、様々な企業から発売されていて、さらに様々機能を持った機種が多様に存在しています。そうした中で、プリンターのインクに着目してみると、非常に多くのインクが販売されています。家電量販店のパソコン売り場を見てみると、プリンターのインクという小さいものでも、1ラック分の種類と色が陳列されているところがほとんどです。ということは、非常にたくさんの種類と色の中から、求めている機種に合った必要な色を選択しなければならないということです。これが、何かと面倒で大変なところです。また、買った後も、プリンターにセットするということも手間がかかることがあります。

プリンターの種類、機種番号とインクの確認

プリンターに合わせたインクの種類と色を揃える為には、何かと指定が多く、失敗することもあるかと思います。インク交換の際に必要になるのは、プリンターの種類や機種番号、そして切れた、もしくは切れかけている色の名前や番号です。まず、種類や機種番号については、説明書がない場合でも、プリンター自体に印字されていたり、プリンターの裏などに記載されていたりすることがほとんどです。そこを見て、確認をしましょう。それでもわからないというときは、事前にプリンターの種類、機種番号のメモや、プリンターを写真に撮ったりしておき、家電量販店の店員さんに伝えることで、適合しているインクの種類を見極めることができます。また、必要な色についてですが、パソコンに接続していれば、パソコンのプリンターの表示から切れた、切れかけている色を確認できたり、プリンター自体の表示やインク部分の点滅などから確認できたりします。

プリンターのインクの取り換え方法

プリンターのインクの取り換えというのは、意外に難しいもので困る人も多いでしょう。しかし、簡単にインク交換をすることができる方法があります。まず、一番正確に行う方法として、説明書を広げるということが挙げられます。しかし、説明書をなくしてしまっていたり、説明書を見てもさっぱりわからなかったりということも多いです。そこで、やって欲しいことが、インターネットで検索をするということです。プリンターの製造企業ごとにそれぞれ機種ごとの説明書のダウンロードや質問が挙げられていて、そこをみることで詳しくわかるようになっています。また、動画サイトで企業がインクの交換方法を動画であげていたり、個人の方が紹介していたりすることもあります。文章や図でわかりにくいという方は、「プリンターの種類、機種番号、動画」などと検索をかけることをおすすめします。